<< 第12回 サックス科 講師インタビュー | main | 第14回 カホン科講師インタビュー >>
第13回レッスンレポート 「BEAT UP 2010」 ステージ編
 

「無料体験レッスン」・「レッスン見学」

の詳細・お申し込みはこちらへ


「BEAT UP 2010」 ステージ編




自分と向き合い、


仲間と「音」を楽しんだ一日。



6月、ヤマハポピュラーミュージックスクールの生徒さんによる合同発表会「BEAT UP 2010」が共同ホールで開催されました。この取材ブログでは、すでに「楽屋編」をレポートしています。楽屋では、生徒さんは出番を待ちながら緊張に包まれていましたが、こうしてステージの写真を拝見すると堂々とした様子。さすがに、練習を重ねてきた皆さんですね。
 出演者は、アコースティックギター、エレキギター、エレキベース、ドラム、ポピュラーピアノ、サックス、ヴォーカル、ゴスペル、そしてカホン木下楽器店オリジナルコースという9つのレッスン科に通う生徒さん、総勢101名です。

今回、ステージなどの写真は(株)木下楽器店の木下社長に撮影していただきました。歌や演奏を一生懸命に披露する生徒さんの姿を伝えようと一枚一枚心を込めて撮影されています。
 開演前やステージでの演奏、ゴスペルソングの計20曲、そして講師演奏の様子を写真でご紹介します。



開演前

リハーサルも終えて、開演間近です。

講師の皆さんは楽屋で最後の綿密な打ち合わせを行いました。












13時開場

共同ホールに、お客さまが次々と入場。受付で、木下楽器店のスタッフが今回のプログラムを配ります。
 ロビーの手前で整列してお客さまをお迎えしているのは、本日、ゴスペルソングを披露する生徒の皆さんです。













13時30分開演




 木下楽器店オリジナルレッスン・ヴォーカル講座の講師、谷口佳子さんが司会を務め、「BEATUP 2010」が始まりました。
 生徒さんの歌と演奏によるステージの様子を紹介します。

1.眠れぬ夜  オフコース




2.虹 
 フジファブリック




3.守ってあげたい  松任谷 由実





4.2 Funky
   Candy Dulfer




5.日曜日よりの使者  THE HIGH-LOWS



6.東京ブギウギ  笠置 シヅ子




7.YELL   いきものがかり





8.Sax A GoGo
    Candy Dulfer


 


9.タイムマシンにおねがい
  サディスティック・ミカ・バンド




10.ゴスペル  
   
GOD IS WORKING WORSHIP THE LORD
   BRIDGE OVER TROUBLED WATER ―明日に架ける橋―




11.ルパン三世のテーマ
  アニメ「ルパン三世」より




12. LIFE    YUI





13. Walk Over the Rainbow   SHAKALABBITS





14.There will be love there ―愛のある場所―   
      the brilliant green




15.夢の中へ
  井上陽水




16.Don't Say “lazy”
  アニメ「けいおん!」より




17.SUNSHINE SURF!!
    DEPAPEPE




18.Killing Me Softly With His Song
   
   Roberta Flack




19.青空     スガシカオ



20.SUMMER GODDESS     
   SOIL&“PIMP”SESSIONS




講師演奏


 「BEAT
UP 2010」の最後を締めくくったのは、講師の皆さんです。「恋のサバイバル(Gloria Gaynor)」と「アントニオの唄(Michael Franks)」の2曲を披露。講師の皆さんは各地で幅広く音楽活動をされているとあって、見事なステージ。会場の皆さんは水を打ったように聞き入っていました。
 あんなにサックスを吹いてみたい。あんなふうにギターを弾いてみたい。生徒さんにとって、講師の皆さんは目標なのですね。




スポットライトを浴びて歌い、演奏した。


家族の、友の、みんなの声援が嬉しかった。

また、いつか、あのステージに―。




 「BEAT UP 2010」の熱気、伝わりましたか?

 発表会は一日で終わりましたが、この日に至るまで、生徒の皆さんは勉強や仕事など日々の事柄と対峙しながら、時間をつくって練習を重ねてきたのでしょう。そして、この日から新たな出発。生徒さんは、すでにレッスン教室で次の課題に取り組んでいます。

 次回の「BEAT UP 」が楽しみですね。
 そして、たくさんの仲間が増えることを願っています。
 「ヤマハへいこう!」


 




→木下楽器店はこちら


大人の教室レッスン情報はこちら

 

→本店BLOGはこちら

 

→すわの町店BLOGはこちら


田中  敬子 フリーライター 
tanaka keiko  freelance writer


印刷物企画・取材編集のオフィスケイ代表も務める。

久留米市や企業、医療法人の広報紙、会報誌、記念誌、本などを中心に、企画・取材編集・執筆をしている。
著書「石橋正二郎物語」、編集「よかとこ久留米ものしり事典」他


 

| 「BEAT UP 2010」の紹介 | 16:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://knst-tenjin2.jugem.jp/trackback/19
トラックバック