<< 第37回 オリジナルレッスン コンピューター・ミュージック科 講師インタビュー | main | 第39回 マリンバ科  講師インタビュー >>
第38回 クラシックギター科  講師インタビュー



「無料体験レッスン」・「レッスン見学」

の詳細・お申し込みはこちらへどうぞ







今回は、ヤマハ大人の音楽教室「クラシックギター科」、宮原浩子講師のインタビューをお届けします。講師歴は約30年という経験豊かな宮原講師。16歳の頃、ラジオで聞いた中林淳真さん(日本を代表する世界的なギタリスト)の演奏は、魂に訴えかけるような音だったとのこと。その音に惹かれて、17歳でクラシックギターを習い、これまでクラシックギターとともに歩んでこられた方です。


美しい音色と繊細な表現力が、魅力。

クラシックギターで、

好きな名曲に挑戦しましょう。


 

クラシックギター科   宮原 浩子 講師






―クラシックギターといえば、「禁じられた遊び」を思い浮かべます。

ギター奏者の村治佳織さんでも知られていますね。
  
 

クラシックギターは、いわゆる「生ギター」。ピックを使わず、柔らかいナイロン弦を指と爪で弾きます。金属弦とは全く違った、木の温もりが感じられる柔らかい音。これが、一番の魅力です。その人の指、爪で弾くわけですから、人それぞれの音を奏でることになりますね。
 
もう一つの魅力は、これ1本でメロディー、伴奏などの演奏が一度にできること。独奏曲も合奏曲も弾くことができます。






―どういう目的で、レッスンに通う生徒さんが多いですか?

 

クラシックギターは、年齢を問わない楽器です。小学生から70代までの生徒さんがいます。若い頃に弾いていたからまた始めたい、定年後や定年を見すえて何か趣味を始めたいと言う人が多いですね。
 子ども用の小さい楽器もあります。ぜひ、小学3・4年生の頃から始めることをお薦めしたいですね。4歳から始められた生徒さんもいらっしゃいます。幼い頃にクラシックギターの基礎を学んでいれば、いろいろな楽器への可能性も広がると思います。お気軽にご相談ください。

 

クラシック曲だけでなく、唱歌、演歌、ポピュラーなどのレッスン曲があるのですか?

 

ヤマハのテキストに基づいて、いろいろなジャンルの曲を学んでいきます。最初に、何を弾けるようになりたいですか?と生徒さんの希望をお尋ねします。「禁じられた遊び」や「アルハンブラの思い出」、演歌を弾きたいという皆さんが多いですね。大丈夫です。ここで基本を学ぶと、フラメンコギターなどのいろんなギターにも応用できますし、どんな曲でも弾くことができます。





―とは言っても、音楽知識が無くても、楽譜が読めなくても、大丈夫ですか?

 

ギターに触ったことのない人であっても大丈夫です。その人に合わせて、無理なくレッスンしていきます。童謡の「カッコウ」から始めますから、安心してください。

はい、どうぞ。ギターを膝にのせてみてください。

 

ここで、講師がギターを渡しました。

「あの、私、父が弾いているのを見たことはありますが…」

「右手の親指はここに、3本の指はここに。1回親指を動かして、3本は一緒に3回動かして・・・」
講師のリードで、初めてギターを奏でました。

「身体に、ギターの振動が伝わって気持ちいいですね」

「胸に抱く楽器ですから」





―あらら。講師のご指示通りにしただけで、何だか弾けました。

 

歌が好き、聞くのが好き。そういう人ならば弾けるようになりますよ。コードを学びながら、テクニックを身につけていきます。 これまで何千人と教えてきましたが、皆さん、上達されています。不器用であっても、時間をかけて練習すれば良いのですから。歌をうたいながら弾けるようになると、なお楽しいですよ。




―年間を通して、教室の発表会やコンサートが定期的にあるとお聞きしています。

 

1月の弾き初め会から、ミニコンサート、10月のギターフェスティバル筑後地区大会など、いろいろな行事があります。生徒さんは、ふだんは個人レッスンが中心ですので、こういう催しを楽しみにされています。他の生徒さんと知り合うことで、刺激になりますし、音楽を通じた仲間ができていきます。ギター仲間で楽しみながら、発表会やミニコンサートで演奏しましょう。






―最後に、MESSAGEをお願いします。

 

レッスン中、生徒さんは仕事で疲れていても没頭して弾いておられます。そして、明るい表情で帰っていかれるのですが、その姿を見ることは講師としての喜びです。つくづく、音楽のある人生は幸せだと実感します。ギターに限らず、どんな楽器でも良いので、「音楽」を身近においてほしいと思います。そうして、楽器で、自分の音楽をつくるという喜びを味わってください。






木下楽器店はこちら


大人の音楽教室レッスン情報はこちら


店BLOGはこちら


すわの町店BLOGはこちら


すわの町店ツイッターはこちら




田中  敬子   フリーライター

Tanaka keiko  freelance writer

印刷物企画・取材編集のオフィスケイ代表も務める。

久留米市や企業、医療法人の広報紙、会報誌、記念誌、本、HPなどを

中心に、企画・取材編集・執筆をしている。

著書「石橋正二郎物語」、編集「よかとこ久留米ものしり事典」他

 

| 講師インタビュー | 10:59 | - | - | pookmark |