<< 第53回 チェロ科 レッスンレポート | main | 第55回  ピアノ科 講師インタビュー >>
第54回 フルート科・オカリナ科 講師インタビュー

 

「無料体験レッスン」・「レッスン見学」
の詳細・お申し込みはこちらへどうぞ





フルートも、オカリナも、

優しい音色が魅力です。

憧れの楽器に挑戦してみましょう。


フルート科・オカリナ科  増田 愛子 講師





今回、ご登場いただくのは「ヤマハ大人の音楽レッスン」フルート科・オカリナ科の増田愛子講師です。レッスンのモットーは、「生徒さんの目線に立ち、寄り添っていきたい」。サックス、ピアノ、パーカッションなど4人の音楽仲間とともに高齢者の施設を訪問して、演奏活動も行っておられます。フレッシュな笑顔の増田講師。ていねいな指導、やさしい語り口が素敵な講師です。





―フルートは、音色が素敵ですね。優雅さを感じます。

 

私自身、音色に憧れたのがきっかけで、フルートを始めました。フルート科では、個人レッスンとグループレッスンをしています。生徒さんは、憧れの楽器ということでレッスンを始める方が多いですね。定年を迎えたので始めたい、仕事帰りに気分転換に習いたいなど。中には、「ボケ防止」で始めた方もいます。実際、指を動かし、頭も使い、目では楽譜を見て、息も出してと、同時にやっていくのですから、フルートに限らず、楽器演奏は健康に良いと思います。






フルートが似合う人って素敵です。

意外と敷居が高いという声も聞きますね。

 

「フルートは意外とお得かもしれません。ほら、見てください」と、増田講師はフルートを手にしました。




フルートは木管楽器で、頭部、主管、足部管に分かれています。弦やリードを使わないので、楽器さえあれば音が出ます。頻繁な消耗品交換が特にないのです。どの木管楽器も「音色」を維持するために、タンポ(黄色い部分)の交換は必要ですが、傷んでからの交換で十分です。

木下楽器店では、年に数回、メンテナンス・調整会も実施されていますから、気軽に相談できますね。それに、フルートは、ケースにコンパクトに収まるので、持ち運びが楽です。





―憧れで始めたとして、初心者で、フルートが吹けるようになるのでしょうか。

 

安心してください。ヤマハのレッスンカリキュラムは、無理なく音が出せるよう工夫されています。最初に、的確な指導を受けることがとても大事です。私の場合、中学生になってブラス部に入会し、先輩による指導が最初でしたので、正確な吹き方を教わりませんでした。音出しに時間がかかったことを覚えています。

 

―レッスンはどう進んでいくのですか?

 

ヤマハのオリジナルテキストと曲のレパートリー、サポート音源などを使います。楽譜を読めなくても大丈夫です。楽譜もリズムも、吹きたいという思いがあれば、必ずできるようになります。繰り返し吹きながら、コツを覚えていくのです。

フルートはクラシックでもポピュラーでも活躍できる楽器です。レッスンを進めていけば、さらにジャズなど幅広いジャンルの曲を演奏できるようになります。






―さて、オカリナは、優しい音色を出す楽器ですね。
 癒しのイメージがあります。

 

確かに、多くの皆さんが、オカリナの癒しの音に惹かれて入会されます。両手にすっぽりとおさまりますので、持ち運びも楽です。バッグに入れておいて、さっと取りだして、街中でも、登山の際にも吹いて楽しんでいるという生徒さんがいます。
また、音的には2オクターブないのですが、実は、幅広い曲が演奏できるのですよ。





 

―癒し的な曲だけでなく?

 

お馴染みの日本の曲や世界の民謡、ポップス、映画音楽。ドラマチックな曲も、オカリナで吹くと素敵です。では、一曲。

と言って、増田講師は、オカリナを吹き始めました。





ドキッとするリズミカルな曲が聴こえてきました!



オカリナのイメージが変わるでしょう?

これは、曲のレパートリーの中の、ロシアのフォークソング『黒い瞳』。ジプシー歌謡を代表する曲で、ドラマチックな旋律です。オカリナで吹くと抒情豊かに。ジャズ的な曲も素敵ですし、演奏の可能性がたくさん詰まった楽器です。

今は個人レッスンが中心ですが、生徒さんと私は二重奏を楽しんでいます。トリオなど、たくさんの仲間とアンサンブルが楽しめるレパートリーもたくさんありますので、仲間に加わってください。




―どちらの楽器にも共通することですが、上達する心構えは?

 

課題が出てきても、解決方法は必ずあります。私と一緒に考えていきましょう。それに、レッスンで学んだこと、練習したことは無駄にはなりません。モチベーションを保ち、諦めないこと。分からないことは遠慮せず尋ねてください。それが上達するコツかもしれません。

また、レッスンの時間が練習の時間、という気持ちで、気負わずに来てください。



 

―フルート、またはオカリナに憧れている皆さん。
 ぜひ体験レッスンに来てほしいですね。

 

まず、試したらどうでしょうか。体験レッスンでは楽器をレンタルできますので安心してください。一人で来店しにくいのでしたら、ぜひお友だちを誘ってみてください。体験レッスンを終える頃には音が出るようになりますよ。勿論、見学だけでも、どうぞ。フルートやオカリナを吹いている姿を見たり、間近で音色を聴いたりすると、新たな感動が生まれると思います。
お待ちしています!





木下楽器店はこちら

大人の音楽教室レッスン情報はこちら

店BLOGはこちら

すわの町店BLOGはこちら

すわの町店ツイッターはこちら



田中  敬子  フリーライター
Tanaka keiko  freelance writer

印刷物企画・取材編集のオフィスケイ代表も務める。
久留米市や企業、医療法人の広報紙、会報誌、記念誌、本、HPなどを

中心に、企画・取材編集・執筆をしている。

著書「石橋正二郎物語」、編集「よかとこ久留米ものしり事典」他
(財)久留米観光コンベンション国際交流協会HP
「久留米物語」随時執筆掲載中!


 

| 講師インタビュー | 08:55 | - | - | pookmark |